CHOYAの中でも、「最も超熟」となる、至極の18年熟成が極少量入荷

◆【超レア梅酒】無くなり次第終了です!
全世界わずか20本のみの限定生産。あのCHOYAの中でも、「最も超熟」となる、至極の18年熟成が極少量入荷――

●それはまるで「傑作のポートワイン」
梅酒と言えばCHOYAと言えるほど、圧倒的な歴史と技術をもつ同社のなかでも、最も超熟となる18年熟成。紀州南高梅を使用した原酒は見るからに濃密さを伺わせる液色をもち、まるで樽熟したかのような仄かなトースト香と豊かな果実の香り。そして、梅の酸味は豊かなコクへと姿を変え、きわめて深く濃厚な味わいとなりました。液体にして「口溶け」と形容させるほどのとろりとした口当たり。至極の味わいをお愉しみ下さい。

●「世界初」硝子漆による絵付けボトル
至極の液体を包み込むのは、「花を愛でる」をテーマとして、ボトルに一筆また一筆と木曽漆の梅花を咲かせた「唯一無二の」アートボトル。ボトル下部は日本の伝統図案の”ねじり梅”を配した金の蒔絵が描かれています。

CHOYA 梅原酒
漆 -URUSHI-十八年熟成
720ml Alc.20° 200,000円+税

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です