Ch.ラグランジュのワイン樽で全期間熟成された、特別すぎるグレンギリー 先行予約開始!

★【数量限定】先行予約開始
サントリーだから成し得た、シングルモルトとグランヴァンの邂逅。あのCh.ラグランジュのワイン樽で全期間熟成された、特別すぎるグレンギリーが2月下旬に限定リリース。

1797年に創業、200年以上の歴史を誇りスコットランドでも最も古い蒸溜所のひとつ、グレンギリー蒸溜所。モリソンボウモア社から、ビームサントリー社へと受け継がれた同蒸溜所と、同じく同社が所有するCh.ラグランジュとの夢のコラボがここに実現しました。

Ch.ラグランジュとは
フランスで最も有名なワイン産地のひとつ「ボルドー地区」。ラグランジュはこの地で揺るぎない地位を確立している、メドック格付け第3級グランクリュです。第5級全てを数えてもわずかに61、3級までとなるとその数は33しかありません。かつて長い低迷期間がありましたが1983年にサントリーが買収、「現代ボルドーワインの父」と呼ばれるエミール・ペイノー氏の協力を仰ぎ、大改革に取り組んだ結果、今では過去の名声を上回るほどの評価を得るまでとなりました。古典的なメドックらしい、長熟向きでフルボディのワインです。

グレンギリー1999ワイン樽熟成について
1999年に蒸溜した原酒を2017年にボトリング、その約18年間全てをCh.ラグランジュの樽で熟成しています。グランクリュの旨味をあますことなく引きだした赤褐色の液体は、ダークチェリー、チョコレート、ナツメグといった深みあるリッチな香りと、ハイランドモルト特有のモルトの甘味が複雑に絡み合う、非常に長い余韻をもったシングルモルトです。

グレンギリー1999ワイン樽熟成
700ml Alc.48° 17,500円+税
※商品画像は予定となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です