本土最北のウェアハウスから選び抜かれたバッチナンバー

いま世界中から最も熱視線を浴びる
クラフトディスティラリーのひとつ
ウルフバーン蒸溜所

創業者のアンドリュー氏に
「できれば手放したくなかった」
と言わしめた2種のシングルカスクが
来月、ついに入荷します!
http://likaman.net/category/1762020210

2013年プルトニー蒸溜所のさらに北
サーソーの街で操業を始めた
ウルフバーン蒸溜所。

新規参入ながら、蒸溜責任者には
元グレンファークラスの生産マネージャー
シェーン・フレイザー氏を、
蒸溜所プラントの設計と建設には
あの名高いフォーサイス社の
リチャード・フォーサイス・Jr氏を迎えた
万全の陣営。

3年の熟成期間をようやく越え
昨年リリースされたオフィシャルボトルは
世界中で瞬く間に高評価を受け
一躍、注目を集める蒸溜所となりました。

この度、本土最北のウェアハウスから
選び抜かれたのは、バッチナンバー
# 319と# 480の2つのカスク。

# 319はノンピートながら
ラフロイグで使用されていた
クウォーターカスクで熟成、
華やかな甘みと潮の香りの中に
かすかに残るスモーキーさが特徴。

# 480は年にわずかの期間しか造られず
ウルフバーンでは非常に珍しい
ピーテッドモルトを使用した原酒です。

クオーターカスクの為
ボトリング数は200本に満たない
非常に希少なモルトとなります。

入荷は2月上旬を予定。
早期完売が予想されますので
ぜひ お早目にお求めください!

ウルフバーン Y’sカスク # 319
ウルフバーン Y’sカスク # 480
各 700ml Alc.55° 9,000円+税

コメントを残す