第2回目「Y’sカスクシリーズ」ダフタウン8年・9年

スコットランドの5つの蒸溜所から6種類のウイスキーを限定リリース!
新入荷「Y’sカスクシリーズ」今回はスコッチウイスキーの故郷ともいえる「ダフタウン」にある蒸溜所です。

スペイサイドにあるダフタウンの町。
1817年にジェームズ・ダフ氏が切り拓いた人口1,500人ほどのこの小さな町には蒸溜所がせめぎ合っており、かつては「ダフタウンは7つのスチルからなる」と言われていました。

ダフタウン蒸溜所は1896年創業。
ベルの原酒など、ブレンデッド用モルトをメインに蒸溜し、オフィシャルでは「シングルトン」や「花と動物シリーズ」でわずかに出荷されるのみです。

この度、8年熟成と9年中育成の2種が入荷。
桃やパイナップル、その後に感じるミルクのようなアロマ、アタックに甘みがあり余韻にコクのある8年熟成。
http://likaman.net/item/512568

対してレモンやマスカット爽やかな柑橘と干しアンズ、程よい樽香
スムーズでドライな後口の9年熟成
http://likaman.net/item/512566

ボトラーズでもほとんど出回る事のない貴重なシングルモルトを
ノンチル・ノンカラー・カスクストレングスと樽出しそのままの味わいでお楽しみいただけます。

さて次回のご紹介は、日本の有名な蒸溜所がオーナーを努める西ハイランドの蒸溜所。
お楽しみに!

ダフタウン8年・9年 Y’sカスク
8年 700ml Alc.58.2° 7,900円+
9年 700ml Alc.59.3° 7,900円+

コメントを残す