ラガヴーリン8年 200周年

蒸留所操業200周年を記念し
リリースされた、バイセンテナリーボトル
モルト通が最後に辿り着くシングルモルトウイスキー
アイラの巨人ラガヴーリンが2016年にリリースした素の味わい
“ラガヴーリン8年 200周年”
http://likaman.net/item/512404

1887年に世界初のウイスキーライターの
アルフレッド・バーナードがラガヴーリン蒸留所を訪れ
8年熟成のサンプルをテイスティングした際に
絶賛した故事にちなみ、特別にボトリング。

熟成にはリフィルシェリーやバーボン樽のサードフィルなど
使い古した樽を使っているのか驚きの液色(透明)
これぞすっぴんの味わいだろう。

香りはフレッシュオレンジ、濃いめに入れたアプリコットティー
若葉、ピスタチオなどのナッツ磯っぽいスモークとヨードを含んだピート感。

コクのある強い甘味にフレッシュな麦と魚介の旨味
モルティーでピーティーな長い余韻。

すっぴんのラガヴーリンをあなたも味わってみませんか?

ラガヴーリン8年 200周年
700ml Alc.48°

コメントを残す